身体からのメッセージ

Created with Sketch.

身体からのメッセージ

ブログ久しぶりの更新です。

 

これから、生身の自分の身体を大切にすることへの、気付きや想いをブログとして伝えていきます。

 

 

この身体からのメッセージ。

 

どれくらい大切にしていますか?

 

どれくらい聴いていますか?

 

そもそも、身体から自分に向けられたメッセージとは何か?

スピリチュアルに聞こえるかもしれませんが、

 

これは、例えば、腰の痛みです。僕は、この腰の痛みにかなり年始から悩まされていました。

 

どうしても、痛いときは痛いし、そればかりに意識がいってしまって、ストレスになっていました。

 

この痛みのことばかり考えてしまうんですね。

 

そうなると、不安ばかりで毎日が辛かったです。いつまでこの痛みが続くんだろうか、、、、、もしかしてずっとかな、、、、、と、

 

不安になる必要がないことまで不安になってしまい、必要以上に不安な気持ちを抱えてしまっていたんです。

 

 

でもその苦しみを味わったからこそ、わかることがあります。

 

それは、痛み、というのはあくまで、身体から出た症状の、結果、だということ。

 

この目の前の、結果、や起こっていること、に振り回されていた、目の前で起こっている出来事、現象に身を任せていた、とも言えるでしょう。

 

そう、目の前の結果に反応しすぎていて、自分の今の人生を、生きることができなくなっていたのです。

 

不安が強いあまりに。

 

そのことばかりに、気を取られてしまうと、せっかく楽しめるものも楽しめなくなってしまう、今の自分を生きることができなくなってしまうのです。

人間関係も段々とこじれていきます。

 

だから、この腰の痛みが僕に伝えてくれていたのは、

 

今目の前にあることをもっと楽しみなさい、今ある幸せをもっと味わいなさい、今得ているものに目を向けんさい、

必要以上に不安に囚われなくて良いんだよ、絶対よくなるから。

 

 

こう伝えてくれていたんですね。

 

すると、この身体の痛み、腰の痛みをこれはこれで、受け入れられるようになりました。

そして、痛いときは痛いよね、、と。自分で自分をわかってあげられるようになりました。

 

身体に痛い症状が出ても、自分で自分をわかってあげられる、自分で自分を満たせる状態になっていったのです。

 

結果、今は腰痛に全く悩まされなくなりましたし、悩むどころか、痛みが消えました。

 

腰痛は、実のところ、ぎっくり腰だね~~と、言われていました(;^ω^)

 

腰痛って、年齢関係ないって、本当ですね。

 

身体はなにかしらのメッセージを教えてくれています。

 

もっといえば、そのメッセージにいち早く気付くことが大切です。

 

痛みがひどくなってから対処するのとでは、全然心の持ちようが違います。

 

なんとなくの違和感があるうちに、身体の違和感を感じてあげること

 

これが大切なことです。

 

身体は一生自分と付き合っていくパートナーです。

 

その身体からの声であり、メッセージをないがしろにすると、

 

本当に身体はボロボロになります。

 

そうなる前に、僕と一緒に、身体の声を、メッセージを、

 

感じてみませんか?

 

頭をカラッポにして、自分の身体のメッセージを、

身体に起こっている事実を、一緒に感じていきませんか?

 

痛み、という結果に振り回されるよりも、

 

身体が何を?どのように感じているか?の、

 

過程であり、中身を感じることで、

 

結果、や周りの反応に振り回される人生、ではなくなっていきます。

 

僕でいえば、腰の痛み、は腰の上の筋肉が張っている、腰の筋肉が身体を支えようと、頑張っている、と

違和感を感じていたのです。

 

これが、身体の声、に耳を傾ける、ということです。

 

僕は、この身体の違和感、腰の違和感を無視した結果、、、

 

腰痛、ぎっくり腰!!!と、なったのです。

 

いち早く気付くことで、予防もできた、ということなんですね。

 

ではでは、次回は、僕がやっている瞑想でどのように身体の声を聴いているか?

 

についてお話しします。

読んでいただきありがとうございました。

 

写真は、カウンセリングの時に頼んだサツマイモ紅茶♪

なかなか珍しいメニューでした(笑)美味しかった!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です